So-net無料ブログ作成
検索選択

巨大日本庭園7月完成 トルコに築く友好の心(産経新聞)

 親日国として知られるトルコで、巨大日本庭園の建設が急ピッチで進んでいる。草の根の「日本トルコ民間交流協会」(東京)が橋渡し役となり、世界各地で庭園を手掛ける第一人者の福原成雄・大阪芸術大教授(59)=造園学=が設計を担当、7月の完成を目指す。今年は両国交流史の原点となる「エルトゥールル号事件」から120年。節目の記念プロジェクトで、関係者は「両国友好のシンボルに」と期待を膨らませている。

 建設地は首都・アンカラの西約200キロにあるエスキシェヒル。紀元前千年ごろに築かれ、トルコ語で「古い町」を意味するが、20世紀前期のトルコ革命後に再建され、現在は主要な産業都市となっている。

 庭園整備は、ユルマズ・ブユックエルシェン市長(73)が発案した。市長はこれまで何度も来日した親日家で、京都の庭園などを訪れるうちに美しさに魅せられ、学長を務めた地元大学の学内にも日本庭園を建設したほどだ。

 市長は、かねて構想していた夢の実現のため、郊外に甲子園球場の約半分に当たる約2ヘクタールの敷地を確保し、昨年6月、同協会の石本寛治会長(71)に設計者探しを依頼。石本会長は、日本国内で日本庭園の専門家を探す中で、福原教授の存在を知った。

 ◆第一人者が快諾

 福原教授は、これまで米国やドイツなど、海外20カ所以上で日本庭園の設計を手掛けてきた権威。2001年には世界有数の園芸展とされる英国の「チェルシーフラワーショー」で金賞と最優秀賞を同時受賞し、06年には雑誌「ニューズウィーク」の「世界が尊敬する日本人100」にも選ばれている。

 「海外にも日本庭園は数多くあるが、現代芸術風にアレンジしたり現地の文化と混ぜ合わせたりして本来の姿とはかけ離れている」。かねて一つの不満を抱いていた福原教授は、石本会長の依頼を快諾した。

 ■交流120年 大阪芸大教授が設計

 昨年8月に市長が来日した際、福原教授は自身が設計を手掛けた大阪府堺市にある大仙公園内の日本庭園を案内。大きな池を中心に、築山や小島などを配する「築山林泉回遊式」という手法を用い、ところどころに景勝を織り交ぜながらやがて水流が大海に注ぐ景観を、伝統的手法を駆使して表現していた。

 感動した市長は、その場で「こんな日本庭園を造ってほしい」と発注。福原教授は翌9月に現地入りし、さっそく簡単な設計図を市側に渡した。

 ◆深山幽谷を再現

 設計では、高さ2〜7メートルの築山を造成、落差2メートルの大滝を設けて「深山幽谷の景色」を再現する。滝つぼから分かれた2本の水流が流れ込む池には木橋や浮御堂を配置。半島状に延びた岬も表現する。福原教授は「エルトゥールル号事件にちなみ、和歌山県串本町の海岸も表現したい」と構想を膨らませた。

 使用する石材は、福原教授自らがトルコ国内で選んだ。先月末から今月上旬にかけて現場入りし、現地職員と協力して石組み作業を行い、荒々しい大滝部分の外観が姿をみせた。園内にはサクラなども植える計画で、茶室などの建設構想も浮上している。

 現地を見た石本会長は「トルコの数ある日本庭園の中でも、これほど本格的で大規模な庭園は例がない」と絶賛。「本物の日本庭園の姿を通じて、日本人の心も伝わるはず。トルコ国民に日常的に利用してもらい、日本文化に触れてほしい」と願っている。

                   ◇

【用語解説】エルトゥールル号事件

 明治23(1890)年、当時のオスマン帝国が、明治天皇拝謁(はいえつ)のため派遣した総勢650人の使節団を乗せた軍艦・エルトゥールル号が、横浜港からの帰路、台風に見舞われて和歌山県串本町沖で沈没。地元住民の献身的な救助活動で69人が救出された。串本町に慰霊碑が建立され、毎年慰霊式典を開催。トルコの親日感情に大きく寄与したとされる。

【関連記事】
各国大使夫人が自国庭園を再現 ホテルオークラ東京
万博「日本庭園」40年前の景観に 11万本、初の本格伐採
松山庭園美術館で猫ねこ展覧会
阪急東宝の創業者「小林一三記念館」、22日にオープン
【京のいろ】桜 醍醐味 秀吉やサルトルもめでた美、いま盛り
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

JR東海社員7人がキセル…近鉄に賠償(読売新聞)
<はやぶさ>6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え(毎日新聞)
普天間移設 現行案の一部修正案、打診 岡田外相、ルース大使に 米紙報道(産経新聞)
「走行距離制限は違法」=札幌MKが国相手に提訴−札幌地裁(時事通信)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)

“過失”受け入れ難い副署長、沈黙のまま 明石歩道橋事故(産経新聞)

 4度の不起訴の末、ついに法廷に立つことになった明石署元副署長、榊被告。被告を知る関係者は「本人は申し訳ないという気持ちで懸命に取り組んでいた。過失があったとは受け入れ難いだろう」と話した。

 20日午前、神戸市須磨区にある榊被告の自宅の扉は閉じられたまま。家人の女性がインターホン越しに「(榊被告は)いません」と答えるのみで、コメントなどが出されることもなかった。

 平成19年に元署長が死亡後、事故にかかわった警察幹部として、遺族らが処分に最も関心を寄せた榊被告。昭和44年に県警に採用後、署の刑事課長などを経て平成7年に警視に昇任。12年3月に明石署副署長に就任し、約1年半後に事故が起きた。その後警察学校管理官や運転免許試験場長を務め、17年1月に定年前の57歳で辞職。現在は県内の量販店で働いている。

 榊被告を知る県警関係者は「口数が多い方ではなく、黙々と仕事をするタイプ。仕事には厳しく、決裁内容に不満があれば、声を荒らげる一面もあった」と語る。

 また別の関係者は「事故後は副署長の立場から報道対応などに懸命に取り組んでいた。本人はずっと遺族に『大変申し訳ない』との気持ちを抱いているはずだが、一方で過失があったとは受け入れ難いだろう」と話した。

 今月15日に指定弁護士から事情聴取を受けた際は、「あなたのためにもなる」として取り調べの録音・録画を打診されたが、「遠慮してほしい」とかたくなに拒否、指定弁護士は「全面可視化」につながる録音・録画を断念したという。

 ある県警関係者は「副署長は指揮のトップではないし、署長や現場の警察官とは役割が異なる。市民感覚から起訴すべきだというのは受け入れざるを得ないが、本人も複雑な思いなのではないか」と、榊被告の心情を推し量った。

【関連記事】
次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
「正義って何ですか?」「本当に汚い」…永ちゃんvsものまね芸人の仁義なきバトル
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

【from Editor】懐かしい上坂先生の一喝(産経新聞)
<踏切事故>盗難バイクと電車衝突 警察に追われ…四日市(毎日新聞)
田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響−日航・全日空(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>武蔵野陵に参拝(毎日新聞)

札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)

 発達した低気圧と寒気の影響で、北海道内は13日、激しい強風が吹き、札幌市内で30メートルを超える最大瞬間風速を記録、風にあおられて転倒するなどして計6人が軽傷を負った。

 札幌市では13日午後3時24分、4月の最大風速(10分間平均値)として観測史上最大となる20・7メートルを記録。最大瞬間風速も観測史上2番目の30・8メートルとなった。札幌以外でも、日本海側を中心とする地域で最大瞬間風速25メートル以上を観測。寿都町で29・3メートル、増毛町で28・2メートル、石狩市浜益区で25・8メートルを記録した。

 札幌市消防局によると、同日午後5時までに風にあおられ転倒するなどして計6人が軽傷を負ったほか、街路樹が倒れたり、民家の屋根がはがれたりする被害が相次いだ。

 強風は14日も続く見通しで、札幌管区気象台は暴風や高波への警戒を呼びかけている。

米子のカッパロードに河童の三平像 鳥取(産経新聞)
外国人看護師研修 15%が「指示伝達に支障あり」(産経新聞)
日本三大桜 満開、樹齢1500年 岐阜・本巣(毎日新聞)
希望ナンバー、名古屋「・111」など抽選に移行へ(レスポンス)
不正経理問題 神奈川県元職員3人逮捕へ(産経新聞)

<詐欺容疑>神奈川県元職員2人逮捕 4千万円を私的流用(毎日新聞)

 神奈川県の元職員が架空発注で業者に公金をプールさせ、私的流用したとされる問題で、神奈川県警捜査2課は8日、県から約4000万円をだまし取ったとして、県税務課の元主幹、吉田伸一(58)と元副主幹、木村仁(50)の2容疑者=いずれも懲戒免職=を詐欺容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、2人は04年3月〜05年3月ごろ、事務用品販売業者の2社から納品がないにもかかわらず、ファイルなどを購入したとする支出命令票を県出納課に提出、2社の口座に計約4000万円を振り込ませてだまし取ったとしている。

 2人は詐取した金を業者口座にプールし、一部を図書券などの形で受け取って金券ショップで換金し、私的に流用していたという。「パチンコなどの遊ぶ金に使った」と容疑を認めているという。

 神奈川県は2人と共に税務課元副主幹(43)も詐欺容疑で告訴していた。県調査で2人はそれぞれ2700万円前後を流用していたが、元副主幹は1100万円と少ないこともあり、県警は現時点での逮捕を見送り、捜査を継続しているとしている。

 神奈川県では、昨年12月に発覚した不正経理の総額が約27億4000万円に上り、今年3月、松沢成文知事ら特別職も含めた1721人が処分され、副知事2人は同月末に引責辞任した。【松倉佑輔、吉住遊】

【関連ニュース
内職商法詐欺:5容疑者を再逮捕…千葉県警など
詐欺容疑:桑名市の元課長、別件で再逮捕へ
振り込め詐欺:70代女性3500万円の被害 福岡
詐欺容疑:警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁
闇サイト:監視強化へ「ネットハンター」新設…警視庁

【1都4県週刊知事】神奈川 松沢成文知事 禁煙サポートに意欲(産経新聞)
<掘り出しニュース>ジェフリーさん、宮本常一の「忘れられた日本人」を米国で出版(毎日新聞)
普天間機能、徳之島に移転を=関係閣僚に調整指示−鳩山首相(時事通信)
ラグビー元日本代表、鎌倉駅で転落死(読売新聞)
片山さつき氏参院選出馬へ…条件は自民「シャッキリして」(スポーツ報知)

別のわいせつ行為で再逮捕へ、教え子暴行の米国人(読売新聞)

 教え子の小学女児に対する婦女暴行容疑で逮捕、起訴された英会話学校を経営する米国人の男(70)が、新たに別の女児にもわいせつな行為をしていた疑いが強まり、福岡県警は近く、男を婦女暴行容疑で再逮捕する方針を固めた。

 さらに県警は、男が教え子の女児ら十数人のわいせつな姿をビデオカメラで撮影するなどしていたことも確認しており、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)容疑でも福岡地検に追送検する。

 捜査関係者によると、男は数年前、女児を自宅に連れ込み、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

 県警は1月以降、女児をビデオカメラで撮影したり、わいせつな行為をしたりしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑や婦女暴行容疑などで3回にわたって逮捕している。

 県警は、男の自宅から約600本のビデオなどを押収しており、その分析結果から、男が十数年前から、女児ら約40人を自宅に誘い込み、わいせつ行為を繰り返していたことがわかっている。県警は余罪の裏付けを進めており、新たな女児への被害が判明したため、4回目の逮捕に踏み切ることにした。

 さらに、男のパソコンなどには、女児の裸などの画像が大量に保存されていた。捜査の結果、男が教え子十数人をカメラやビデオカメラで撮影していたことがわかり、この件でも追送検することにした。

 県警は、男が「先生」として女児から慕われていたことを悪用して、わいせつ行為に及んだとみており、「きっと将来の役にたつから、言う通りにして」と言葉巧みにだまし、無抵抗の女児の体を触るなどしていたという。

 男は、女児らにみだらな行為を繰り返していたことを認め、「子供が大人になった時、性生活がうまくいくようにやった。撮影は将来、成長記録として見せてやろうと思っていた」と供述しているという。

 英会話学校は約30年前、福岡県内で開校。小学生らが英語を学んでいたが、その後、健康法のひとつとされる「気功」の教室も開かれるようになった。被害に遭った女児の中には、親が気功教室に通っていた子もいたという。

不合理なければ「裁判員の量刑維持」…東京高裁(読売新聞)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
薬害C型肝炎 全国原告団代表、山口美智子さんが自叙伝(毎日新聞)
老人専門医療の質を評価する指標を策定―老人の専門医療を考える会(医療介護CBニュース)
未承認薬・適応外薬の開発要望評価が難航(医療介護CBニュース)

事業者にアイデア募集 公園跡地で橋下知事(産経新聞)

 閉園した遊園地・エキスポランドの跡地利用が課題となっている万博記念公園(大阪府吹田市)について、大阪府の橋下徹知事は26日、府独自の活性化案を決めるため、29日から事業者を対象にアイデアを募集することを明らかにした。

 府の計画では、募った意見を参考に、担当部局で活性化案を策定。意見募集は5月末まで受け付ける。

 跡地を所有する財務省所管の独立行政法人「日本万国博覧会記念機構」は、政府の事業仕分け第2弾の対象となると見込み。機構に出資する府は新たな財政負担をせずに土地を譲り受け、府営公園として管理したい意向を持っている。

 橋下知事は、跡地に米国映画大手のパラマウント・ピクチャーズのテーマパークの誘致を目指しているが、「跡地を有効活用するため、できるだけ多くの事業者からアイデアを募りたい」としている。

【関連記事】
橋下知事が再び応酬「兵庫県議会、小中学生なみ決議」
橋下府知事が枝野行政刷新担当相と会談 万博公園「府の運営に」
「今が最初で最後のチャンス」自民会派離団の大阪府議が会見
橋下知事、新政治集団「4月中旬までに形あるものに」
どうなる万博跡地 橋下知事が府独自の活性化案を策定
あれから、15年 地下鉄サリン事件

後発品情報を提供する新システムの運用、4月から開始(医療介護CBニュース)
片山右京さんが仕事を再開 遭難の「ご遺族からも理解をいただいた」(産経新聞)
小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開(産経新聞)
10年度予算 成立…過去最大92兆円(毎日新聞)
「順序逆なら違う結果も」 夫公判の裁判員男性 2歳長男虐待死(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。