So-net無料ブログ作成
検索選択

京急でも駅員が不正乗車=通勤区間の一部でキセル(時事通信)

 京浜急行電鉄は11日、男性駅員(59)が定期券の不正乗車防止システムを不正に解除し、通勤時に使う都営浅草線の一部区間で今年5月までの1年1カ月にわたりキセル乗車していたと発表した。被害額は2万1480円という。
 発表によると、駅員は自宅最寄りの東武伊勢崎線竹ノ塚駅から京急線に接続する浅草線泉岳寺駅までの通勤定期券を買う必要があったが、同駅より手前の浅草線日本橋駅までの定期券しか買っていなかった。
 その上で、勤務先の金沢文庫駅の端末で不正乗車防止システムを解除し、合致する入出場記録がなくても自動改札を通れるようにしていた。 

好立地の薬局確保、取引独占=高知の医薬品卸会社に警告―公取委(時事通信)
危ない市議会開会…ヘルメットで地震に備え(読売新聞)
「小沢隠し内閣だ」野党、批判強める(読売新聞)
小沢前幹事長 菅政権を「支えて頑張れ」と原口総務相激励(毎日新聞)
児童の成績入りかばん盗難 兵庫・芦屋(産経新聞)

<夫婦別姓>今国会提出求め議員ら集会 (毎日新聞)

 選択的夫婦別姓制度を導入する民法改正案の今国会提出を求める集会が1日、国会内で開かれた。民主党国会議員や推進団体など約100人が参加。予定されていた今国会での法案提出は会期末が迫り絶望的だが、千葉景子法相らに土壇場での事態打開を訴えた。

 千葉法相は「まだ閣議決定に至らず、責任を痛感するとともに申し訳ない思い。決して志を捨てたわけでなく、着実に現実のものにしたい」と述べた。福島瑞穂社民党党首も「何とか今国会に出したいと奮闘したが、罷免され実現できず残念。パワーアップして今後も頑張りたい」と意欲を語った。

 選択的夫婦別姓の導入は千葉、福島両氏が意欲を示し、政府が今国会提出予定法案に盛り込んだが、国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相が反対を表明して法案提出に至っていない。

【関連ニュース
街かど:きょう民法改正シンポ /京都

女子高生わいせつ警官「捜査資料で連絡先知って」(読売新聞)
子ども手当申請、山形で不要の年金番号欄(読売新聞)
「赤い靴」の女の子像完成…異人さんの国へ贈呈(読売新聞)
首相、福島氏罷免「まだ一切考えていない」(産経新聞)
<オランウータン>21年ぶりの赤ちゃん誕生 札幌・円山動物園(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。